仕事やプライベートなどで、様々なものを印刷・コピーする機会があるでしょう。こういった場合には、プリンターやコピー機を購入して設置することになるのが一般的です。しかし、場合によってはこれらを購入するのではなく、「リース」という形で利用する方がメリットが大きい場合もあります。では、コピー機のリースを行う場合、どのようなメリット・デメリットがあると考えられるのでしょうか。

まず、リースを利用する際、メリットとなるのは、仕事で利用する場合、その利用額の支払いを経費として扱うことができるということです。利用額が固定額であるためにコストが把握しやすくなり、経営を考える際にも整理がしやすくなります。購入した場合でも経費として扱うことができますが、高額なものを購入した場合には「減価償却」という形で申請を行う必要があるため、手間がかかってしまいます。リース契約ではその手間を省くことができます。

また、リースの場合、利用開始時に掛かる料金が存在していないため、初期費用を掛けずにコピー機を導入することができます。これは特に経営を初めたばかりで、あまり運転資金がない場合などに役立つポイントとなります。

では逆にリースのデメリットとなるのはどのような部分でしょうか。リース契約は中途解約ができない仕組みとなっているのがデメリットです。年数による契約となるため、一度契約をするとその期間は支払いが発生するため注意が必要です

Published by 管理者